レースクラフターズは伝説のアメリカンスーパーバイクチーム

  • 1976年にAMA(American Motorcyclist Association)のレースカテゴリーとしてスーパーバイククラスが発足した翌年, 初めて日本車(カワサキKZ1000)でチャンピオンを獲得した伝説のチームである。レースクラフターズはロスアンジェルス・ハリウッドにワークショップを構えボブ・エンディコット(Bob Endicott)とピエール・デ・ローシ( Pierre des Roches)という二人のチューナーが当時アメリカ進出を果したばかりのヨシムラのパーツを使い独自のチームとしてレース参戦、ヨシムラのカスタマーチームながらライダーのレグ・プリッドモア(Reg Pridmore)により1977年と1978年(1978年はカウリングメーカーのVetter社からスポンサードされていたため チーム・ベッターである)にAMAチャンピオンを獲得した。所属ライダーはチャンピオンを獲得したレグ・プリッドモアの他ロードレース専門書(Twist of the Wrist)の著書やカリフォルニア・スーパーバイク・スクールの創設などで有名なキース・コード(Keith Code),スティーブ・マクラフィン(Steve Machlaughlin)の他、チーム最後のライダーであるハリー・クリンズマン(Harry Klinzmann) は1982年マシンを発売されたばかりのカワサキ市販レーサーKZ1000S1に変えてトッププライベーターチームとして、アメリカンホンダのフレディ・スペンサーやマイク・ボールドウィン、ヨシムラスズキのウェス・クーリー、カワサキワークスのエディ・ローソンなど強豪を相手に戦った。
  • レースクラフターズ・ジャパンはAMAスーパーバイク黎明期のイメージとスピリッツを現代に蘇らせ、本物のパフォーマンスとヒストリーを味わえるブランドとして多くのスーパーバイクファンに新たなバイクライフを提案していきます。

 

レースクラフターズジャパンはBRISKブリスクレーシングプラグの正規輸入販売をしています。

詳細はこちらをクリック

 

カスタムチューニング マフラーの販売(Racecrafters Custom Tuning Exhaust system)

日本のマフラー職人の第一人者小林史和氏のNGCマフラーの機械曲げ版ともいえるレースクラフターズマフラーを販売します。単なるレトロ趣味マフラーでなくパフォーマンスを追及しオーナーのマシンの仕様に合わせて製作されるカスタムチューニングマフラーです。 対応車種はKZ1000MarkⅡ、Z1R、KZ1000J 
価格158,000円製品詳細)(製品画像
詳細はこちらをクリック
 
ご購入:eメールによる直接購入、ヤフオクのほか、以下の代理店にてご注文いただけます。
e-mail:   info@racecrafters.jp
 
 問い合わせ、直接購入はこちらをクリック
 
 こちらをクリック
 
代理店販売
株式会社 エヌジーシージャパン: http://ngc-japan.com
243-0033 神奈川県厚木市温水2216-3 FAX:046-250-6900
 

BRISK ブリスクプラグおよびレースクラフターズグッズは以下のECサイトから購入いただけます。

こちらのいずれかをクリックすれば各ECサイトにとびます。